2007年10月19日

芝生地の管理

NETIS(http://www.kangi.ktr.mlit.go.jp/EvalNetis/NewIndex.asp)の申請情報に「天然重曹で芝生地の除草工」というのが登録されていた。

工種:公園
登録No.:CB-070031
技術名称:天然重曹で芝生地の除草工

重曹水溶液を加圧散布することで雑草の成長を抑えるらしい。
セイタカアワダチソウ・ヨモギ・メリケンカルカヤ・チドメグサ・ニワゼキショウ・その外広葉種雑草等に効果。
土中に噴射注入では、ススキ・チガヤ・クズ・イタドリ・セイヨウタンポポ・シロツメクサ等、群生、地下茎、根の深い種にも効果がある模様。
雑草と芝生の、重曹に対する感受性の差を利用しているので、雑草より感受性の低い芝生は、いったん黄変するものの2週間程度で濃い緑に回復するそうだ。
詳細は、http://www.kangi.ktr.mlit.go.jp/RenewNetis/Search/Nt/NtDetail1.asp?REG_NO=CB-070031&TabType=2&nt=nt



posted by しちみとうがらし at 10:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

宮崎花博跡地

先週、宮崎シーガイアで親戚の結婚式に出席しました。
シーガイアの傍に10年ほど前にあった宮崎花博の跡地が公園として残ってます。
宮崎花博は以前勤めていた会社が少なからず関わっていたので、少々思い入れがあります。
そんなんで、今どうなってるのか気になって行ってみました。跡地公園。

20070415.jpg 20070415_001.jpg 20070415_002.jpg写真は当時メインの広場だったところで、当時のイメージと大きく変わっていませんでした。
かなり気合を入れて管理されてます。
まぁ、どっかのリゾートのゴルフ場みたいですがw
ちょうどチューリップ展のようなことをやっていて、園路沿いなんかもきれいにデザインされた配植となってました。

じつは一番気になってたのは、当時松林の林床にスイセンなどの宿根をボーダー上に仕込んでた区域で、時期が変わるにつれて宿根草の花が自然に入れ替わっていくという構成のエリアでした。

写真の区域は宮崎市の施設として高密度な管理をされているのですが、実はこの公園区域はほぼ当時のメインのエリアのみのようでした。

20070415_003.jpgで、宿根の林床の区域は別施設として県の管理になっているそうで、サッカーコートが整備されていました。当時の施設は、イングリッシュガーデンが図書館+カフェのような施設としてそれなりに維持されていましたが、その他の木道や展望台のような施設は風化に任せている感じでした。
件の宿根草の林床もほとんど管理されていない感じでしたが、
それが良かったのか、切れ切れではあるけれど控えめな花々が当時のボーダーの名残を見せてくれていました。
その写真は撮ったつもりだったんだけど、撮ってなかったようです(泣
何やってんだ>俺



posted by しちみとうがらし at 00:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

都市化すれば森林破壊は止まる!?

山形浩生さんのサイトより

木を見て、森も見てみると:森林は増えている
http://cruel.org/economist/economisttrees.html


意外な結論だね〜。でも納得。みんなが都市に住めば建物は高層化するから、田舎で平べったく住むより森林面積は増えるってか。


posted by しちみとうがらし at 00:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

国立駅臨時改札

昨日10/9から改札の位置が変わった模様。
写真は今日の20時ごろ撮ったもの。三角屋根左側の明るいのが新改札。
旧入り口は鉄板でふさがれてて、「ホントに解体が始まるんだなぁ」と。
20061010.jpg 20061010(001).jpg
posted by しちみとうがらし at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

国立駅使用停止

昨日の晩、吉祥寺MANDA-RA2で中山ラビさんのLIVEを観た。で帰りが遅くなって、ちょうど国立駅が閉鎖される時間にかぶったんですよ。
そしたら、南口改札周辺はもう人でごった返してて。
俺もまぁ、国立駅舎って結構気に入っていて、駅舎と大学通りの並木をセットでこの街らしさってか、そういうのを感じてたので、その片割れがなくなってしまうことには少なくない寂しさを感じるんよね。
でまぁ、そんな感傷的な気分もあって、その人ごみに混じって駅の電気が消えるのを待ってたんですよ。
上下の終電が終わったあたりで、mixiの国立コミュの駅舎のお面かぶった人やら、絵描きさんやらが改札前に出て写真撮られたりしてるのを眺めたりしてたんだけど、いきなり切符売り場のほうで一団が「ふるさと」の合唱を始めたのには正直萎えました。
あまりに萎えてしまったので、まだ電気ついてたけど家に帰りました。

明和の騒動のときも感じたことだし、今回の駅舎保存についてのコミュや実際に見かけた保存運動らしきことについてもそうなんだけど、国立のこういう市民運動って、なんかピントずれてませんか?
あまりに感情的というか、いや感情的でもいいんだけど目的を実現するための方法論が子供っぽいというか。

まぁ、駅舎については具体的な活動をしてない俺が言うのもナニかも知れないけどね。
posted by しちみとうがらし at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

国立駅・駅舎保存近況

とりあえず。解体保存が決まった模様。
市民向けの説明会も9/29(金)にあるらしい。


国立駅舎の説明会について(9/26 国立市)
https://www.city.kunitachi.tokyo.jp/%7Ekensetsu/05kensetsu/0502/0502_hozontorikumi.html
平成18年9月22日に開催された国立市議会第3回定例会最終本会議において、国立駅舎を丁寧に解体し保管する決議が可決されました。そこで、市の今後の方針を下記の説明会で市民のみなさまに説明いたします。



日 時:平成18年9月29日(金) 午後7時から午後9時まで
場 所:国立市役所3階大会議室
内 容:@文化財の価値について(講師:白井 裕泰 ものつくり大学教授)
    A解体・保管について(国立駅舎を丁寧に解体し、保管していくことを説明します。)

【問い合わせ】
国立市役所 建設部 まちづくり推進課 まちづくり推進担当
042−576−2111(代表)  内線382


■関連

日本建築家協会がJR国立駅舎保存の要望書を提出(9/11 KEN-Platz)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20060911/131680/

「JR国立駅舎の保存活用に関する要望書」を国立市長と国立市議会宛に提出しました。(9/8 日本建築家協会)
http://www.jia.or.jp/news/jia_news/2006/0908kunitachi_frm.htm

国立駅舎の「丁寧な解体と保管」を求める決議を国立市議会が採択(9/27 KEN-Platz)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20060927/132064/

追記
posted by しちみとうがらし at 11:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

国立マンション訴訟・最高裁で住民側敗訴

「『景観利益』は法的保護に値する」との判断だそうですが。
当然の結果でしょう。

後で思うところ追記します。

国立マンション訴訟、住民の景観利益認める…敗訴確定(3/30 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060330i214.htm?from=main2

国立のマンション訴訟、住民側の敗訴が確定 最高裁判決(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY200603300370.html
posted by しちみとうがらし at 14:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

なぜ日経ITプラスにこんな記事が???

国内最古のバラ園を後世に・ファンが公園へ移植計画(12/24 nikkei IT plus)
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?i=2005122402037da
営業しているバラ園としては国内で最も古く、ファンに愛されている東京都目黒区の「駒場バラ園」が敷地の大半を手放し、年内に大幅に縮小されることになった。老夫婦が手塩にかけて育てた数多くのバラを後世に残そうと、各地の愛好家が「新・駒場バラ園を作る会」を結成、目黒区内の公園へのバラの移植計画を進めている。


新・駒場バラ園を作る会(http://blog.livedoor.jp/miyokorose/
posted by しちみとうがらし at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

国立駅舎保存関連情報

中央線の高架化工事の記録をしてるサイトがあったのでメモ。

「くろすろーど」http://cross-road.hobby-web.net/
  「中央線高架化工事記録」というリンクを開くと高架化工事区間の状況レポートがあります。


mixiの複数のコミュニティでも駅舎保存が最近話題になってる。以下、そのmixiコミュ。
  「東京都国立市」http://mixi.jp/view_community.pl?id=103605
  「国立(くにたち)!」http://mixi.jp/view_community.pl?id=10750
  「国立駅舎と、ちいさいおうち」http://mixi.jp/view_community.pl?id=139171
mixi住人はチェックしてみてね。ほかに類似コミュあったら教えてください。
posted by しちみとうがらし at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

「清家清展」に行ってきた。

明日、というかもう今日最終日になってしまう訳だが、汐留の松下電工ミュージアムでやってる「建築家 清家清展」に行ってきた。

松下電工ミュージアム
http://www.mew.co.jp/corp/museum/kaisai.html
seike_r1_c3.jpg写真は上記サイトからの転載です

清家氏は今年なくなられたので、その回顧展といった趣ではあったけど、会場がコンパクトなだけに彼の作品の全貌など展示しきれるはずもなく、でも「私の家」の原寸模型を中心に彼がどんな建築家だったかその概要を知り、興味を次に繋げていくには十分な内容だった。
浅学で恥ずかしいが、清家氏の名前は聞いたことがあったのだが、まさか自分が出入りしている会社の社屋がその作品だと知ったのは、そこに出入りするようになってから2年を過ぎた頃だった。竣工から30年以上経っていることもあって内部はすでに会社の都合にあわせて改変されており、当時の面影を残すものは一寸見では外観とロビー以外は残っていないように見える。しかし毎年フロアレイアウトを大きく変える同社にとっては、彼のひとつながりの空間を必要に応じて「仕切る」という考えにフィットしているように思えた。

今回の展覧会で良かったのは、「西洋の窓は壁に穿った穴だが、日本の窓は柱と柱の間に立つ戸=間戸である」という見解だった。
彼は戦後間もなくしてすでにリビングと庭の一体化を提唱し、またその作品で実現していて、もとランドスケープ屋としてはすごくくすぐられる部分があった。そういえば庭に関する本も出しているようだ。

「日本の作庭入門」講談社
amazonでは現在International版しか取り扱いがない模様。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4770016611/qid=1127578985/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-9386521-0273869
posted by しちみとうがらし at 01:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

土壌10cmで3mの木が育つ

スラドでも珍しくこんな話題が。
なかなか興味深い議論?してます。

土壌10cmで3mの木が育つ屋上緑化技術(slashdot.jp)

出張先からのエントリでした。
posted by しちみとうがらし at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

国立マンション問題・住民側敗訴確定−−最高裁判断

先週末の記事だけど。。。。
やっぱりそうなるよな。

国立のマンション行政訴訟:住民の逆転敗訴確定−−最高裁決定 /東京(mainichi.com)
東京国立市のマンション訴訟、住民側の敗訴確定 最高裁(asahi.com)

この件の以前のエントリはここ
posted by しちみとうがらし at 01:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

日本でもOCW始まる−−−国内有名6大学の教材を無償で公開

話題としては少し前になるんだけど。。。
ついに国内の大学でも講義や教材の無償公開が始まりましたね。一昨年くらいにMITがはじめたOCW(OpenCourseWare)ってのとほぼ同じような感じのようです。
ソースはこちら。
「国内有名6大学の教材を無償で公開--受験に合格しなくても学べる?」(Cnet Japan)

個人的に気になるのはランドスケープ系や農学系の講義が公開されているかってあたり。
で、みてみるとランドスケープ系の講義は京大と東工大にあった。

京大農学部・造園学実習II
 これはGISの講義なんであんまり個人で受講するのはどうかなって感じ。
 仕事でこういうの扱ってる人にはいいだろうけど。
 担当教官は森本幸裕教授。まぁ、造園・ランドスケープ界で一流といっていい人ですね。

東工大工学部
 建築学科:都市計画概論、社会工学科:全般、
 土木工学科:空間デザイン・都市計画学・環境計画演習などいろいろあります。
 工学系だけあって建築やダムなどが主体ではありますが。。。
 そういう中では社会工学科の講義はちょっと毛色が違うかも。
 大学院の講義も公開していて、社会理工学研究科の社会工学専攻なんかも面白そう。


日本OCW連絡会ってとこがまとめてるようなのでリンクしときます。詳しいことはこっちを見てくださいな。
posted by しちみとうがらし at 01:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

新宿区のタヌキの住む森

新宿区下落合にタヌキが住んでる森があるという。で、この森がマンション開発で無くなりそうだということで、地元有志を中心に保存のための基金を設立して新宿区や建設会社に働きかけているようだ。

この森は戦前に建てられた屋敷があってそれに附随するかたちで現在まで残っていたものらしい。屋敷自体も建築として中々なものであるばかりか、庭園もまたよい状態で残っているようだ。

新宿区の回答として「保存するためには現地を買取りすることになるが、区では全額出せない」ということで基金を募っている。買取りの指定期限は3/31つまり今月末だそうだ。
予想買取り金額は約7億5000万円。
基金としてこの期限までに集めなければならない額は2億5000万円。
3/15現在2億2644万円が集まっており、目標金額まであと2366万円となっている。
期限まであと少しだがなんとか集まって欲しい。

下落合みどりトラスト基金(jsc-com.net)

先月上旬、建設会社から新宿区への買取要求額として10億8,000万円が提示されたそうだ。7億500万というのは公示地価に基づくものだそうだがずいぶんと開きがあるな。当初はこれを3/7までに払わないと建物の解体を始めるとかいってたらしいけど、なんとか解体は免れているらしい。
しかし事態は切迫していることには変わりない。
基金では建設会社へ買取金額の減額のための署名、および新宿区長へは保存に向けた署名をあらためて開始した。
お金は出せないけどって人はぜひ署名に参加して欲しい。

建設会社への要望書と署名(jsc-com.net)

新宿区長への要望書と署名(jsc-com.net)

こんな森が新宿に残ってたなんて信じられる?
これがなくなっちゃうなんてもったいないよね。shimoochiai01.jpg
この写真は「下落合みどりトラスト基金(jsc-com.net)」からの転載です。
posted by しちみとうがらし at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

めも

「マンション履歴システム」のご案内((財)マンション管理センター)
まちづくりの専門家の二つのデータベースが登録公募(kenplatz.nikkeibp.co.jp)
posted by しちみとうがらし at 10:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

路上工事の不人気投票開始

やるじゃん国交省。


11/27から23区内の国道限定とはいえ路上工事の不人気投票を始めたらしい。投票結果もwebサイトで公開するそうだ。

プレスリリース「東京都23区の路上工事における「問い合わせ番号」および「不人気投票」の開始について」(国土交通省)

路上工事は舗装の修繕などの「補修工事」よりも、電気・ガス・水道など道路に埋設された施設関連の工事(「占用企業工事」というらしい)がはるかに多いそうだ。リンク先のPDFを見ると23区内では占用企業工事が8割を占めるらしい。

これまでは「誰が、何のために、どんな工事をしているか」が判りにくかったけど、工事看板にそれらを明記するそうだ。また、問合せ番号も併記してあるので、PCや携帯から不人気投票サイトにアクセスすれば、問合せ番号から工事情報が検索できるし、その工事の不人気投票ができるそうだ。

  PCからの投票サイト http://www.ktr.mlit.go.jp/michi/
  携帯からの投票サイト http://www.kouji.go.jp

工事渋滞でいらいらしたドライバーのガス抜きにもなるだろうけど、それ以上にどこがどんな工事をしてるかがはっきりして、その結果、工事を行っている主体のサービス向上に繋がるといいなぁ。
posted by しちみとうがらし at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

JR中央線・国立駅の保存問題

国立ネタでもう一つ。関心空間でも書いたんだが。

この夏に国立に引っ越してきてから、激しく気になり出したことがある。
JR中央線・国立駅の保存問題。
去年くらいだったか、キヨシローさんなんかも保存活動に関わってるなどという噂も耳にしたが、今の駅周辺には保存問題があること感じさせるものがない!

国立市ホームページにある
「国立駅周辺まちづくりに関する提案書」平成16年3月 国立駅周辺まちづくり検討会
以後、全然進展がわからん。

この件に関しては、ここが良くまとまってると思う。

長野新幹線整備でなくなった木造の軽井沢駅のような悲しい思いはしたくない。
国立駅舎保存にむけて自分にできることがあれば協力したい。
情報求む。続きを読む
posted by しちみとうがらし at 18:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

国立マンション訴訟:2審は景観権侵害を否定 撤去認めず(毎日新聞)

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20041027k0000e040036000c.html

このマンション、うちの近所からも見える訳だが。


高裁の「マンションが市条例の施行よりも前に着工されたため違法建築物ではないとしたうえで、市条例の制定を「明和地所の意向を無視して建築を一方的に制限する目的で、極めて短期間に決定した」と批判」というのはまったくもって当然の意見だし、だから判決の「市条例による高さ制限をこえる部分の撤去命令は取り消し」は当然だし、「良好な景観は国民共通の資産で、適切な行政施策で保護されるべき」とは矛盾しない。
しかし「地域住民の個別具体的な権利・利益と解することはできない」というのはいかがなものか?住んでいる土地に愛着を持ち、よい街をつくり育んでいこうという行為の結果できた望ましい環境は地域住民の権利と利益ではないのか?

解説では「東京高裁判決は「景観」を法的保護に値しないと位置づけた」としているが、これもなんだかなぁ。。。法的保護に値しないのでは無く、事後にできた条例では縛れないのは当然でしょ。
posted by しちみとうがらし at 12:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ランドスケープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。